ブログ

ブログのカテゴリー



新店舗の工事始まる。

雑貨ショップRe.フォレストの閉店から4ヶ月。
コロナウイルスの影響で、遅れていた新店舗への工事が、
やっとスタートする段取りとなりました。
とは言え、スペースに人を集める事は出来ず、
新店舗グランドオープンは、全く未定ですが・・・

DSC_0469

工事の進行状況を報告しながら、新店舗の詳細を、
随時お知らせしていきます。
時々チェックして頂ければ嬉しいです。

もちろん、いやし空間森の休息は、
平常通り営業しております。

今出来る事をひとつひとつ、そして前に。

 

 


駐車場ご利用について

いつも、いやし空間森の休息をご利用有難うございます。

現在ご利用頂いております、下仲町駐車場が、
5月より月極めとなります。
無料は変わりませんが、“森の休息”という看板のある
2枠のみご利用可能となります。
本通り側から1・2番目です。

DSC_0478

ご不便をお掛け致しますが、ご協力の程
宜しくお願い致します。


大林宣彦監督逝去。

大林宣彦監督が亡くなりました。
闘病中にもかかわらず、精力的に新作を撮られていました。
2時間59分にも及ぶ新大作『海辺の図書館ーキネマの玉手箱』
が公開予定だった4月10日(金)に亡くなりました。82歳。
作品は、コロナウイルスの影響で公開延期が決まった矢先の事でした。
大林宣彦監督と言えば、やはり映画尾道三部作
『転校生』(82年)『時をかける少女』(83年)『さびしんぼう』(85年)
薬師丸ひろ子さんの『ねらわれた学園』(81年)も良かった。
個人的には崇拝する三浦友和・山口百恵のゴールデンコンビを
主役とした映画『ふりむけば愛』(78年)は印象的でした。
“グリコアーモンドチョコレート”のCMも最高でした。

異人たちとの夏 そして、最も好きなのは、

『異人たちとの夏』(88年)です。人間と幽霊との交流の中に、
愛と情念を、ノスタルジックな映像で表現した
不気味でありながら、少し温かい気持ちも感じる作品でした。
現代のCG加工技術ならば、どんな作品になっていただろうと思います。
もう一度、観返したい・・・
たくさんの素晴らしい作品を有難うございました。
ご冥福をお祈り致します。


春を呼びます!

コロナウイルスの感染が、やや身近なところまで来ました。
ざわついています。
首都圏に緊急事態宣言が出ると、外出自粛は本格的になります。
ここ最近、急に身体の不調を訴えるお客様が多く、
どうやら、行動範囲が狭くなり、ご自身でも感じる運動不足が原因です。
身体の不調は、気持ちも落ち込みやすくストレスに包み込まれてしまいます。
森の休息では、気分を少しでも上げて頂こうと、
店内ディスプレイを桜・花見をコンセプトに変更しています。
DSC_0449下駄箱上。

ボトルの中に、花見の宴を演出してみました。
お弁当、七輪の焼き鳥、缶ビール、
満開の桜の樹の下で。
少しでも、気分転換になれば良いのですが。

森の休息店内・施術者自身も除菌を心掛けています。
こんな時こそ、リラックス・リフレッシュ!に
ご利用下さい。お待ちしています。


気持ちのリフレッシュ。

4月になっても、コロナウイルス感染者は増えるばかり・・・
様々な自粛の影響も、日増しに広がっています。
芸能人の感染死亡もあり、グッと身近に感じたこの頃です。

先日、長年愛用の洗濯機が急に故障し、四苦八苦。
仕方なく買い替え、その晩の洗濯は、スムーズに。
ごくごく普通に洗濯出来た事が、何だか凄く嬉しく、
気分が変わり、まさに”リフレッシュ”でした。

やや分りにくいかもしれませんが、とにかく今は、
自分なりに気分を変えながら、出来る事をやって前に進もう!と思います。
森の休息がお勧めするリフレッシュ法は、アロマテラピー。
DSC_0449 (3)

ちなみに、グレープフルーツ・レモン・ペパーミントのエッセンシャルオイルは
スッキリします。
もちろん、好きな香りのアロマキャンドルも効果あり。