ブログのカテゴリー



大河ドラマ『麒麟がくる』

そろそろ長谷川博己様ご出演の
大河ドラマ『麒麟がくる』について話そうと思います。
DSC_0360 鮮やかなブルーグリーン系の衣装
気に入っています。斜め横の立ち姿最高です。
オープニングは、かの黒沢明監督作品のオマージュのような
渋さで、カッコイイです。
さて、池端先生の脚本は、ほとんど史実の無い部分を、
オリジナルに仕上げられているそうです。
それにしても、毎回のエピソードとそれを演じる役者さん達が、
ピッタリハマっています。
斎藤道三(本木雅弘さん)の毒殺シーン。
憎しみあふれる道三との騙しあいな会話では、目も見ずに、
鷹の絵を描き続ける土岐頼芸(尾美としのりさん)。
飄々とした中に、曲者の医師望月東庵(堺正章さん)。
その助手駒(門脇麦さん)は、圧倒的な存在感で絵になります。

そして、長谷川博己様は、爽やかな透明感は、もちろんですが、
狂気を併せ持つのが魅力ですので、新しい明智光秀には、
とても面白いと期待しています。
キーワードの“麒麟”は第1話に、“本能寺”が第4話に、
早くもセリフとして登場しています。
今後、どう進展していくのか楽しみです。

コメントはお気軽にどうぞ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。