幕が下りたこれから。

標準

豪雨災害が広がっていく最中、
7月6日。そのニュースは飛び込んできました。
オウム真理教の元教祖麻原彰晃、他7名の幹部死刑執行です。
近い日とは言われていましたが、それはあまりに突然で、
しかも、同時に7人も・・・

松本サリン・地下鉄サリン・坂本弁護士一家殺人と、
連日の報道の映像が、今も鮮明に思い出されます。
架空のドラマを観ているような光景の連続で、
衝撃的な事件でした。

その元となった麻原彰晃が、何も語らず、
謝罪の言葉もないまま、死刑となりました。
でも、オウムは名前を変え、しかも、未だに麻原を崇拝している。
何をどうしたら、そこまで信じられるのか、
あれほどの事件を起こしたあの人物を、頼る事が出来るのか・・・
幸運麻原の死で、苦しみから救われた方々も
多いはずです。元々宗教とは、人を救うものだと思います。
当時、広報担当で、教団との決別を語る上祐さんが、
歳を重ね、すっかり落ち着いているその姿に、
年月の経過を感じました。

一旦下りた幕が、次の幕を開けたのかもしれません。
次の幕が、人を救う事を祈りたいと思います。

Leave a Reply