セリフが光る朝ドラ『半分、青い』

標準

NHKの朝ドラは、ほとんど観ていないのですが、
お客様から、
「是非観て欲しい!」との強い勧めがあり、
試しにイヤミ観たのが、現在放送中の映画『半分、青い』。

半分青い

原作・脚本が、北川悦吏子さんでした。
恋愛物を書かせたら、“神”です。
北川悦吏子さんと聞くと、先ず思い出されるのが、
映画『ロング・バケーション』(1996年主演:木村拓哉さん)
映画『愛していると言ってくれ』(1995年主演:豊川悦司さん)
いずれも、大ヒットドラマです音楽夢中になって観ていました爆笑号泣
特に、後者は、手話を勉強したりして・・・

今回の『半分、青い』。特に、途中から登場した漫画家・秋風を
演じている豊川悦司さんへの、強い信頼感を感じます。
脚本家は、
この役者でこのキャラを、このタイミングで、このセリフを言わせたい上矢印
と言うのがあるので、このドラマは、
まさに絶妙なキャラクター作り、絶妙なセリフが輝きを放っていますひらめき

試し観から、今では録画して観ている毎日です恥ずかしい

Leave a Reply